ディスカバー ウチナー

画像



ワッター 島 ウチナーには 海の青さ 空の青さに


加え 沢山の観光名所がある


普通にガイドブックに紹介さえているだけでも内地(本土)から


来た人には 琉球の歴史とも言うべき異文化 いわゆる沖縄で言う


唐の世(ゆう)から 大和の世(ゆう) そしてアメリカ世(ゆう)と


沖縄が政治的道具にされてきた(チャンプルー文化)を体感する


はずである


門を曲がれば 旅の始まり と 永 六輔さんも言っているように


私の生まれ島(平安座島)周辺にも 沢山の名所がありました


画像



本島(屋ヶ名)と平安座島)を結ぶ 全長5,6Kmの海中道路の


真ん中にある 海の駅 


画像



画像



うるま市内の 獲り立て魚介類を始め 野菜 果物 みやげ物等


販売しております


2階の 海の資料館も 見学お勧め  そして モズク餃子は


是非 食べてほしい一品である



画像



浜比嘉島の東側 アマミキヨ伝説で有名な場所でもある


噂によると 皇太子夫婦の雅子さまも不妊症に悩み ここで


礼拝したことで 愛子さんを授かったとか・・・・・ 


画像



画像



ちなみに 元スタッフ大本君の奥さん(佳子)さんも 


ここでお祈りしたお陰で可愛い ベビーに恵まれました   


アッ! 階段近くの 浜比嘉クイナ? も見落とさないで!!


画像



画像



次は 藪地島を 御紹介しよう


周囲約5kmぐらいの ダイコンみたいな細長い島


無人島で 野菜とサトウキビ栽培が 主な島


島の真ん中を一本の道路が走り そのまままっすぐ


進んでいくと ジュネー洞窟 にたどり着く


画像



画像



ジャングルのような森の中に 鍾乳石の洞窟があり


縄文時代 人が住んでいた 最古の住居跡でもある


ガジュマルやモクマオウ 光を求め 上へ 上へと


成長していく過程で 4の字固めをしながらでも生き


延びていく 植物のたくましさも 見逃してはならない



最後は 世界遺産 勝連城址跡です

画像



与勝半島の 高台にあり 沖縄本島 東海岸 南から


北まで 一望出来る 絶景の場所です





もちろん 伊計島 宮城島 平安座島 浜比嘉島 


津堅島 藪地島も 一望できます


画像



画像



画像



近くに住んでいると 中々 立ち寄らない場所ですが


久々に行くと 新鮮な気持ちで ウチナー 再発見って感じ!!















 











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック