水路浚渫

画像


沖縄本島(屋ヶ名)と平安座島を結ぶ全長5,6kmの海中

道路は完成してから今年で40年になる

平安座住民にとっては離島解消の為、遠浅だった浅瀬を

平安座側から海の石(岩)を集めてきては住民総出で敷き

詰め2~300m出来上がっていた記憶がある

それが石油基地誘致に伴い、条件として海中道路を作らせた。

工事が始まると本島屋ヶ名側から岩、バラス等で一機に埋め

たて、あっという間に完成させた。

画像


当時、金武湾を守る会の人たちは潮の流れが変わるからと

海中道路建設に反対した人達もいた

本土復帰を境に、山を削り、海を埋め立て莫大な国の予算が

継ぎ込まれたのもこの頃からである

環境問題に無頓着だった政府は、雨が降るたび赤土が流れ

沖縄本島周辺は赤土で真っ赤に濁っていた

本島周辺のサンゴが絶滅し共生していた熱帯魚も居なくなって

しまった

食物連鎖は様々な悪影響をもを生んでしまった

幼少の頃に比べると真っ白な砂浜が消え土砂が目立つような

光景が目立つ。

画像


海中道路が出来たお陰で離島苦は無くなり島の暮らしは豊か

になった。   ・・・・ 一方で環境面から考えると

潮の流れが遮断されたのも事実である。   ・・・・ 訳で

2箇所ある橋(屋ヶ名側 平安座島側)の水路浚渫工事が始ま

ってます(平安座側)

個人的(環境的)には橋げたを大きくして潮の流れを高めて

欲しいのだがいかがなものか?・・・


幸繁の歌う  涙そうそう でも聞いてください!!










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック