30周年!

画像


1984年4月に開店して依頼、今月から30周年目に突入した。

30年を振り返り読んでくださる読者のために少しずつ僕が考えてい

た事を記事にしていこうと思っている。

振り返れば沢山の思い出が蘇えり、会員制ダイビングクラブを運営

してのダイビングツアー、潜水作業に潜水漁業 ショップを通じての

お客さんとの一期一会は苦労しながらでも僕を人間的に成長させて

くれた事で、少しだけ 今 新たに社会に貢献できるような気持ちで

いる。


幼少の頃から平安座島で育ち、海への憧れは人一倍強かったので

大きな船に乗り自分の目で世界を見てみたかった。

兄貴は客船の船長をしてて、自分は通信士を目指した。

通信士にはなれたものの当時オイルショックで船会社には就職でき

なかったから技術を生かし埼玉の無線会社で無線機を設計してた。

当時、二人で作った無線機が特許を取得した事で会社がつぶれた。

入社から一年半経った頃であった。

沖縄に戻った僕は夜のシェラトンホテルのクラブや他の高級クラブで

シェーカーを振りながら一年ぐらい週3~4日素もぐりで魚付をしてた。

その後、貝の魅力に取り付かれ6~7年で4畳半の僕の部屋と家中が

貝だらけになっていた。


僕のダイビングへの挑戦は動機が不純であった。

貝を収集する為もっと深く潜ってみたかったことから始まった。


当時、浦添と宜野湾にダイビングショップがあったので週末を利用して

ダイビングをチャレンジする事にした ・・ が イントラが外人でPADIの

オープンウォーターのCカードを取得するのに1年ぐらいかかった。

その後、周りの皆が上級資格まで進んでいくので、 乗り気ではなかっ

たがイントラまで登り詰めた。、

会社員イントラでもあった僕は自分で船作っては海遊びしながらダイビ

ングを楽しんでいた。

エアーチャージするのも毎回 々 浦添迄通っていたので面倒であった。  

当時、石油基地で機械のメンテナンス関係の仕事をしていたので、大

型の発電機は会社に沢山あった。

米軍の払い下げとして買ったプリストン?メーカーの壊れたコンプレッ

サー2台仕入れた僕は図面のない状態でシリンダーリングのすり合わせ

から研磨まで改造しながら同僚二人で組み立てた。

14L 150気圧のタンクが3分程でチャージできる凄さであった。

水中で吸う空気だからコンプレッサー用のオイルは鉱物油はダメだろう

と思い込み人体に影響のない食用のサラダ油を使用してた。

まして匂いや水分を除去するフィルター装置がコンプレッサーにあること

すら知らなかった訳だから水中で吸う空気がサラダオイルの匂いで油酔い

してた事を思い出す。

僕にとってダイビングを始めた頃は、情報量も少なく全てが試行錯誤の

世界だったとも言える。

独立してショップを始めるきっかけは潜水作業仲間も多く、沖潜の伊芸社長

や同時期開店したショップ仲間にも協力を呼びかけた。

エアーチャージも出来るのであれば皆 喜んで大賛成してくれた。


僕が28歳丁度、ANA万座リゾートホテルも同年の開業した年でもあった。


   
  モズクで今 最盛期 疲れてます!! ・・・・・ 続きは 次回 







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆかり
2013年04月03日 22:13
玉栄さ~ん!!
30周年おめでとうございま~す^^
20~30代、楽しく潜らせていただきました!
マリンスペースでの経験は人生の財産です^^
これからもがんばってくださいねー。
亮子
2013年04月04日 02:49
お師匠!30周年、おめでとうございます!!

まだまだ、私ゃ潜り遊び足りません。
お身体御自愛しつつ、
まだまだ×まだまだ 頑張って下さい。
私の貝収集はこれからです(^-^)/笑
ヒロ
2013年04月04日 17:55
お久しぶりです
30周年おめでとうございます。
僕も陸に上がり早、2年が立ちました
中々海に行けず、ブログを読みながら海への妄想ばかりですよ

この記事へのトラックバック