天然サンゴの移植

画像


浮原島周辺には個人的に様々な仕掛けを施していて、僕が年をとって海

に潜れなくても、若い世代の人たちが継承できるような環境つくりを黙々と

少しづつではあるが実施している。

その中の一つ 天然サンゴの移植は平成8年頃?からやり始めてブログ

で何度か紹介しているのでサンゴの成長振りは一目瞭然である。

でも、今までは落ちている天然サンゴの欠片又は元気なサンゴの枝を折

り、移植する場所の岩の周辺を削って差し込んでサンゴを固定して動か

ないようにしてた。

固定がしっかりしていれば天然のサンゴなのでストレスも少なく陸上で培養

したサンゴに比べ自然界での抗体作用も強く、生存率はほぼ80%以上で

成長し続けている。

問題は、波の力でサンゴが岩から落ちたり、流されたり、砂に埋もれて死

滅したりしてた。

その問題を少しでも解決しようと 今年6月 から岩場に釘を打ち込みサン

ゴをインシュロックで止めることにした。

そして、9月 定期的に観察はしていたものの、7月後半、8月と大きな台

風襲来、50個体移植したサンゴの10個体程台風に飛ばされたがインシュ

ロックで固定されたほとんどが元気に成長してる。

画像


画像


画像


画像


画像


中にはインシュロックを包み込み岩場にしっかり着床している訳で、しっか

り固定さえできれば3か月で着床することが判りました。

天然美ら海水族館の完成は100年後かも知れないが、ダイバー一人一

人がファンダイブの次いで一苗移植活動を試みたら ・・・ もしかして早く

サンゴの森が形成できるかも知らない!!

天然サンゴの成長過程(参考資料)

画像


          平成10年10月6日 移植

画像


          平成11年9月27日 撮影

画像


画像


          平成14年9月17日 現在


      ・・・・・・・・・・ 目指せ!! 魚 舞い踊る 


                        天然美ら海水族館!!







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック