異議あり!

画像


今朝の琉球新報26面に石垣島名蔵湾のコモンシコロサンゴの記事が

掲載されていた。

画像


沖縄県(琉球列島)は160の島々から成り立っていて水中は島々によって

個性あふれる生物多様性の表情を見せてくれる。

38年の間、沖縄の島々のダイビングポイントを潜ってきた経験の僕にとっ

て名蔵湾のコモンシコロサンゴの発見はダイバーとして凄くうれしい!

只、新聞の報道によるとコモンシコロサンゴの外周が約70m高さが10m

として国内最大級でこの規模は他にないと説明してる。

10年前ぐらいだろうか?月刊マリンダイビングが東海岸を取材したとき、

水中カメラマンの方が、世界中 取材しているけどこんな大きな コモンシコ

ロサンゴ は見たことがない。 と言ってた事を覚えている。

話によると、宮古島の 八重備瀬 にも大きなコモンシコロがあるけど、当

時は東海岸のコモンシコロが大きいような気がする。とも言っていた。

僕は名蔵湾のコモンシコロも、八重備瀬のコモンシコロも見てないので批

判するのは良くないが、現状は状況からして名蔵湾のコモンシコロも大き

いと感じる。

他に瀬底島の東側リーフにも、規模は小さいが存在してる。

浮原島ヨコヒシの コモンシコロ は発見した当時、周囲90m高さは12m

近くはあった。

画像


痕跡からすると明らかにヨコヒシのコモンシコロの方が大きかったように思

える。

石垣市は今後、世界一のコモンシコロサンゴとしてギネス登録に向けた行

動を展開しているが貴重なサンゴを守れるなら僕も応援したいと思っている。

画像


で ・・・ 次いでにギネス2位でも良いからヨコヒシのコモンシコロサンゴ、

オオハマサンゴも環境保全の為、うるま市も県も頑張ってほしいと願って

いる。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック