ちゅら海大会(サンゴと共に)

画像


昨年の10月から始まったリーフチェック その中間報告も兼ねて短い時間

で多くの後援、協賛社の協力で開催を進めてきた『ちゅら海大会』! 夜遅

くに初日を終えた。

画像


画像


昨夜は、『サンゴと共に』と題して安部真理子さんは、本島西海岸の北谷

海岸から東海岸の辺野古、大浦湾迄の12か所のリーフチェックの経過報

告をし、僕は沖縄の海の素晴らしさ(特に東海岸)を伝えた。

画像


亜熱帯の気候がら沖縄には、エビカニ等の甲殻類を始め、図鑑にも載って

ないような生物がまだまだ存在してて沖縄の海が学術的にも世界一生物多

様性に富んだ海である事の研究成果を琉球大学理学博士のJ D ライマー

さんが報告された。

糸満の海人でモズク生産者である大城さんは沖縄の沿岸漁業の漁獲高を

過去をさかのぼり現状迄を報告してくれた。

これから漁業をする人にとっては大切なデータにも思える。

琉球大学熱帯生物圏研究センターの中野義勝先生はモルジブの島々を例

に挙げ島々に与えられた役割等 島に住む人達が社会的にどのような形で

貢献できるのか?等も ・・ 詳しく説明してくれた。

画像


最後は、進行役を務めてくださった鹿谷麻夕さんも交え回収したアンケート

でパネリストとの意見交換も行われ、沖縄の海を語る有意義な時間を共有

できた。

『宝石の海』が身近にあって県民(国民)が気づかない現状、海は生命の源

だし海を壊すのでは無く、自然と共生していく道を探さなくてはならない!!


16日(土)17日(日)は大浦湾、辺野古周辺でリーフチェックを実施します。


         新基地建設で揺れる大浦湾、

                辺野古の海の現状を

                     自分の目で確かめましょう!!

           参加申し込みは   玉栄(090-3795-0597)迄

           

 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック