サンゴの調査(リーフチェック)

画像


琉大海洋学部に所属する海洋学者及び研究者の皆さんが東海岸のサンゴ

や生物の調査のため浮原島周辺と宮城島周辺で行われました。

画像


画像


160余りの島々からなる沖縄県は東西約1000kmにも及び本州の3/2の

長さを誇る。

島の周りは造礁サンゴから成り立っていて世界広しとは言え沖縄の島めぐ

りをするだけで、世界中で見れる水中景観を楽しむことが出来る。

亜熱帯と言う気候がら生物もサンゴの種類も豊富で多様性に富んでいる。

研究者にとっては国内唯一の調査(研究)場所でもある。

画像


一般的に本島西海岸が超目される中、東海岸はまだまだこれからと言った

ところ。 ・・・・ 沖縄本島東海岸の魅力も今後注目されるに違いない。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック