白化現象年越し!

画像


昨年の7月頃から始まった海水温上昇による白化現象は東海岸で場所に

よっては海水温が下がった今日現在(23,8度)でも白化した状態で微妙な

状況が続いている。

画像


               平成28年12月27日 撮影

画像


              平成28年12月27日 撮影

特に周囲20mもあるヨコヒシのオオハマサンゴは11月に白化現象の進行

が止まった時から渦中藻も戻らず回復するまでに至ってない。

画像


              平成28年12月3日 撮影

只、12月4日以来一ケ月以上 白化の進行は見られないけど他の藻が付

く様子も見受けられない。

画像


画像


               平成28年12月27日 撮影

僕はサンゴの研究者ではないので良く解らないが他の藻が付かないよう

自ら白くした場所に粘液を出しながらサンゴ表面を覆い自己防衛している

ように感じる。

画像


画像


画像


                平成28年12月27日 撮影

コモンシコロサンゴも微妙だ! 定期的に撮影は継続していても少しずつ元

の状態に戻りつつある場所もあれば、上の部分が藻がついてきた場所もあり

予断を許さない状況が続いている。

画像


画像


画像


平成13年サンゴの白化が起きたときイソギンチャクも白化したがイソギンチャ

クは元の状態に回復した経緯がある。

今回もイソギンチャクは大丈夫だろうとは思うけど東海岸での白化現象はサ

ンゴも、イソギンチャクも年を越しての白化は未だ経験が無いだけに観察を

続け経過を見守るしかない。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック