白化現象の現状

画像


昨年の8月から始まった沖縄本島 東海岸の白化現象は定期的

にブログをUPしてるので毎回ブログをチェックして下さる方々も多

いので昨日までの現状を記録しておこうと思う。

ある意味、地球温暖化で海水温も上昇しこれから時代の変遷でサ

ンゴたちがどういう形で生き延びていくのか今後の貴重な資料にも

なると思うので少しは何かの役に立てるかもしれない。

画像


         1916年9月21日

画像


         1916年11月5日  

画像


1917年2月14日  22,3度

画像


         1917年5月22日  水温24,1度

ヨコヒシのオオハマサンゴの白化現象の様子を記録した物で、

一部上の部分は、まだ白化は残るが水温の上昇と共に褐虫

藻が戻りつつある。

もう少し観察を続けようと思う!!

画像


画像


イソギンチャクの白化も凄かった!!

イソギンチャクは白化しても回復が早かっただけに心配はしなか

ったけど年を越したことは今までに経験が無い。

何処まで回復するか心配ではあったが22日現在回復傾向に向

かっている。

画像


白化して弱ったイソギンチャクからクマノミが消えたのもあるが徐々

にクマノミも共生するようになってきた。


     夏はそこまで来てる!! 

           元気を出せと勇気づけるのであった。 

                      ・・・   つづく










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック