リーフチェック( 東海岸)

画像


『ちゅら海を守り、活かす海人の会』が主催するリーフ

チェックが本日 無事終了しました。

沖縄県サンゴ礁保全推進協議会からの一部助成金の

支援をうけながらの実施で昨年の11月に2か所、12月

に4か所、今回の2か所(宮城島チャネル、浜比嘉島岩

くず)のトータル8か所 無事終了する事が出来ました。

今回は、予算の関係で昨年(17か所)の半分しかできま

せんでしたが、個人的に東海岸は定点観測に寄り添った

形で調査を継続し見守っていきたいと思っております。

本日、当初予定してました本島南部の糸満沖、大渡海岸

は強風と波高の為、リスクを抑えるために急遽東海岸へ

変更しました。

  ①宮城島チャネル

画像


画像


画像


ここは外洋と内湾との中間の位置する場所で一昨年、昨年と

連続してサンゴの白化現象が起きた場所でもあるが、現在 

元気に持ち応えている状況!

魚種も、腔腸生物、サンゴの種類も多く生物多様性に富んだ

貴重な場所でもある。


  ②浜比嘉島岩くず

画像


画像


画像


浜比嘉島の西側に位置しハマサンゴとユビエダハマサンゴが

群生している場所!

透明度は通年通して悪いが冬場は比較的 5~12mと12月

から3月にかけて、ダイビングポイントとして利用する場所でも

ある。

ハゼの種類も多く、ウミウシ等も数多く見つけることが出来る。

今回、調査中 甲イカの産卵ににも出会えた。

リーフチェック終了後、深場へ移動し短冊ハゼ(リボンゴビー)

も確認した。 (水深22mで水温19℃)  

画像


協力して頂いたスタッフの方々お疲れさまでした。

    ・・・・・ 今後共、よろしくお願い致します。


        ちゅら海人の会 共同代表

                      玉栄




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック