ハナヤサイサンゴの放精、放卵

画像


先週末から座間味を始め宜野湾、恩納村でもサンゴの

産卵報告がネットを賑わせている。

僕がショップを始めた頃、今よりもサンゴは健全だったの

で5~7月満月の前後、ビーチエントリーしてサンゴの産

卵シーンは何度も拝見したものである。

画像


ミドリイシサンゴ等ハードコーラル類は普通夜に散乱する

ものと思い込んでいた。

ところが本日、津堅島沖でイボハダハナヤサイサンゴが

一斉に放精、放卵している場に出会いました。

時間は午前10時20分、水温25,8度、水深8m
画像


最初、ハナヤサイサンゴの上が白っぽく濁っていたので

イラブチャーが泳ぎながら糞した後かな? と 

思っていたら ・・・

近くのハナヤサイサンゴも白くなり出し ・・ 

気になって近寄ってみたら一斉に放精、放卵が始まった。

慌てて漁どころでは無く、船に上がり水中カメラを取り出

し撮影に専念!

残圧も50を切っていた事から、鰓呼吸ぎりぎりまで撮影!

僅か30分のショータイムであった。



画像


画像


画像


今日は旧暦4月16日(大潮) 覚えておこう!

潜水記録として大切なデータになりました。


   ・・・ 明日撮影目的でも再チャレンジします!!




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック