一期一会!

画像


沖縄県、梅雨入りしてたんじゃ ・・・ なかったっけ? 

こんなにも天気が良いと ・・ 今年はカラッ梅雨?

心配なのはダムの貯水量!

7つあるダムの貯水率が47%を下回った事で夏場、

観光客の増える水の使用量も比例する事で制限給水

とか断水が心配される。

画像


さて、昨日の津堅島に続きイボハダハナヤサイサンゴ

の放精、放卵をもう一度見たくてカメラも準備万端での

出港!

目指すは津堅島では無く伊計島!

理由は伊計島にはチリメン、ヘラジカ、イボハダ等ハナ

ヤサイサンゴ科の仲間ががかなり生息していて、もしか

してイボハダ以外、他のハナヤサイサンゴも放精、放卵

が確認出来るかも知れないと思った。

・・・ が 結果 はイボハダハナヤサイサンゴの一種のみ

放精放卵を撮影する事が出来た。



昨日は、夜10時過ぎ辺野古でもミドリイシサンゴの産卵

も報告され津堅島の午前10時10分ハナヤサイサンゴ

の産卵から24時間後の事!

大潮の潮間帯も一日約40分(後ろに)ズレルことから

伊計島での産卵は午前10:30~11:10分と予想!

画像


放精、放卵の時間に合わせダイビングの水面休息も

調整!

放精、放卵が始まったのが午前11:00丁度! 

それまで透明度(透視度)抜群だった水中も乳白色へ

と変化していく。

放精放卵は単体ごと一斉に短い時間行われたと思

われる。

昨日は約20~30分ぐらい続いていたのに今日は

僅か3分!

場所によっては少しだけ放出して終わるのもあった。

多分2~3日前から放精放卵があり、体内の放出物

すべて今日で堕し切ったとも考えられる。

画像


画像




動画撮影で3分! 2か所で僅か6分ぐらいの撮影で

したが貴重な資料として神秘な海を知ることが出来ま

した。

        ・・・ 一期一会に感謝! 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック