お知らせ!

画像


平安座ハ~リ~!

毎年恒例の平安座ハ~リ~が今月17日(日)に開催

されます。

開催に伴い6月16日(土)から平安座港が準備の為

一般遊漁船、プレジャーボートなどの入出港が出来ま

せんのでご了承下さい。

尚、乗合船をご利用の各ショップの方々もご理解いた

だけます様よろしくお願い致します。

画像



シンポジウム

沖縄県は、平成24年度よりオーストラリア国立海洋科
学研究所AIMSと協定を締結し、オニヒトデの調査研究
に関する情報交換や共同研究を行ってきました。
この度、オニヒトデに関する情報交換に加え、サンゴ礁
保全・再生に関する研究も含めたサンゴ保護を目的と
する包括的な内容で新たな協定を締結する運びとなり
ました。本協定締結を記念した一般向けシンポジウム
を下記内容で開催します。

「サンゴ礁保全再生・オニヒトデ研究連携協定締結記
念シンポジウム(沖縄-オーストラリア サンゴ礁パート
ナーシップサンゴの保護活動における課題と経験の
共有)」

主催:沖縄県、共催:沖縄科学技術大学院大学(OIST)

後援:沖縄県サンゴ礁保全推進協議会/環境省那覇
自然環境事務所/日本サンゴ礁学会サンゴ礁保全学
術委員会/国立大学法人琉球大学

日時:2018年6月5日(火)午後1時半〜

会場:沖縄科学技術大学院大学OIST(恩納村谷茶)

プログラム:
 01. 基調講演:
   「サンゴ礁管理をささえる:AIMSにおけるオニヒト
   デとサンゴ礁修復の研究
    Supporting Reef Management: AIMS Research
    on Crown-of-Thorns Seastar
     and Reef Restoration」
    スベン・ウチッケ博士(AIMS主席研究員)
 02. 講演:「石西礁湖を中心とした白化状況について」
    藤田和也(環境省石垣自然保護官事務所上席
    自然保護官)
 03. 沖縄県事業紹介:
   「沖縄県のオニヒトデ総合対策事業・サンゴ礁保
    全再生地域モデル事業について」
    津波 昭史(沖縄県環境部自然保護課)/
    岡地 賢(有限会社コーラルクエスト)/
    長田 智史(一般財団法人沖縄県環境科学セン
    ター)
 04. パネルディスカッション:
   「サンゴ保護のための優先課題について」
    [座 長] 土屋 誠(琉球大学名誉教授) 
    [パネリスト] スベン・ウチッケ/
    金城 賢(沖縄県環境部自然保護課 課長)/
    佐藤 矩行(沖縄科学技術大学院大学マリンゲ
    ノミクスユニット 教授)/
    山野 博哉(国立環境研究所生物・生態系環境
    研究センター センター長)/
    金城 孝一(沖縄県衛生環境研究所環境科学
    班 主任研究員)/
    鹿熊信一郎(沖縄県海洋深層水研究所)

  参加費:無料

  申込み:https://www.okinawa-sango-info.com/
       sym/2018
    (担当:カナイ・アカミネ、人数把握のため事前

    申し込みにご協力ください)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック