サルベージ!

20191128_02.JPG

昨晩、同じ組合員から緊急電話が入って来たのが夜の11

時前、丁度、ジムから帰る頃の時間だった。

『組合長!、Tさん、とHさんが海に投げ出され船は沈

没したみたいです!』

『二人ともケガもなく救助して大丈夫ですが、詳しくは

明日報告します』 ・・・ 

今日の朝になって、職員からも『組合長デージなってます』

『海保から緊急連絡が入ってきています』

落ち着け!大丈夫だから ・・・ FAXの内容を確認し

ながら整理してみた。

与那城漁協所属の組合員が電灯潜り漁をする為、港を出

たのが夜7時半頃! ・・・ 場所はハラビシ!

潜り始めようとして船の上で準備をしていたら突然、横波

を受け浸水した。

海水をかき出してる最中、更に横波を受けて二人とも海へ

投げ出された。

偶然に、幸いにも一人がペリカンボックスを掴んだままだっ

たので海の上からグーグルマップで位置情報を検索しその

場で友人へメールと電話連絡したものだから ・・  

急いで組合員が駆けつけ二人とも救助されたようである。

ここは、3月にもプレジャーボート(クルーザー)が座礁

した場所から200m離れた場所!

リーフ沿いだけに水深も浅い!

海保も朝から沈没した船の捜索にヘリを飛ばし、巡視艇は

海上からの捜索!

組合では救助された本人から事情聴収しながら海保から連

絡待ち!

『遭難船と思われる船が見つかった』との一報に緯度経度

を即座にグーグルマップに入力!

北北東の風8m、強風注意報と波浪注意報が発令される中

緊急性が高いことから可能な限りの ・・・ 準備を指示!

組合員を集め、曳航する準備を整えた。

その前に船の位置確認と急いで潜水調査をする為に、中さん

にも協力してもらい電話で、器材一式とタンクを港へ持って

くるよう指示!

午前9:30分港出港! 

偶々漁に出かけたAさんも風が強くて港に引き返してきていた。

入れ違いの出会いに同乗させる事になった。

20191128_03.JPG

僕のGPSも世界測地系にセットし直し発見場所の緯度、経度

付近を捜索!

遭難した場所が、幸いにもリーフの内側だった事もあり、うね

り、高波の影響もあるがギリギリ、セーフ!

20191128_05.JPG

20191128_04.JPG

反転した船はアンカーロープが落ちて岩に引っかかり同じ場所に

留まっていた。 

20191128_11.JPG

20191128_12.JPG

操舵ボックスも壊れ、エンジンも落ちて無くなっていた。

船体は浮いている状態なので何とか曳航できそうだった。

Aさんの素早い対応に、僕は船に上がり曳航の準備!

20191128_20.JPG

20191128_22.JPG

船で準備をしている間、Aさんの対応が早く強風と切り

返しが難しい中でのロープワークは見事であった。

20191128_25.JPG

港まで2時間半掛けての操船も一苦労!

20191128_29.JPG

港到着が午後1:20分!

待ち構える組合員も協力しての陸揚げ作業!

20191128_31.JPG

スロープに陸揚げしたのが2時05分

油吸着マットも準備はしたがほとんど油漏れもなく被害は

最小限に食い止める事が出来た!

年に2回ものサルベージ経験をさせられた組合長はいる

のだろうか? 








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント