白化現象の現状

画像


昨年に続き東海岸のサンゴの白化現象は今年も続き2

年連続の打撃である。

いつもダイビングポイントとして使用しているヨコヒシは

昨年8月、周囲20mもあるオオハマサンゴと日本最大

級のコモンシコロサンゴも同時に白化現象が起きた。

コモンシコロサンゴは今年の3月後半頃まで、オオハマ

サンゴは今年の5月まで白化現象が続き、年を越して

の白化現象は自分の中でも経験が無かっただけに、

今後の貴重な観察資料となるだろう!

画像


       2017年10月2日撮影

画像


       2017年10月2日 撮影

5月過ぎから両方のサンゴとも回復はしたけど今

年の9月20日頃から再び白化が確認された。

画像


その後、オオハマサンゴの白化は止まり元に回復!

画像


画像


しかしコモンシコロサンゴはまだ々予断を許さない

状況が続いている。

11月30日(木)今日現在の海水温23,4度(昨

年度より1度低い)




"白化現象の現状" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント