お知らせ!

画像


2018年上半期が終わり、年と共に時の速さを感じる今

日この頃!

熱低から発達した台風7号が数時間後には沖縄本島直

撃の進路予想にヤキモキしながら、本日の予約もすべて

中止しての開店休業!

ダイビング業界もトップシーズンを迎え、相次ぐ台風の襲

来は悩みの種でもある。

さて、私事ですが7月1日を持って与那城町漁業協同組

合の組合長に就任した事をご報告いたします。

組合員133名(正、準)勝連漁協との第8号共同漁業権

を有し、モズクを中心とした養殖業(ハタ、海ブドウ)、刺し

網、定置網、マグロ、セーイカ漁、潜水漁業を中軸とした

中規模漁業組合ですが、漁業を取り巻く環境は厳しく、

魚価の低迷に加え、漁業者の高齢化、燃油価格の高騰

等様々な問題を抱えております。

10年前200名近くいた漁業者も高齢化が進み年々減少

傾向にあり、これから一次産業を担う若年層の人材育成

確保も課題の一つでもあります。

沖縄は亜熱帯という気候から本土とは若干異なる海の

環境、青い海、青い空に魅せられ本土を始め韓国、中

国等アジアの国々から沢山の観光客が年々増加の傾

向にある。

与那城漁協は伊計島、宮城島、平安座島、浜比嘉島、

津堅島、浮原島等沢山の島々の恵めれた環境にあり

東海岸のマリンスポーツの中心的位置にある。

長年ショップを経営して得た経験、知識を組合の青壮

年部を中心に指導、人材育成していこうとも思う!

【ショップ運営】

84年4月に開店し35年目に突入した『マリンスペース』

60歳定年を目標にサービス提供を続けてきたが還暦を

過ぎても老体に鞭を打ちつつ頑張ってきた。

幾度となく試練の道のりでもあった。

周りの友人に助けられ支えられたが、一番大切な家族

には凄く迷惑をかけた。

何時か閉店しないと行けないだろうけど、健康寿命が

伸びる中、人生に定年は無いのではないか? と 思

ったりもしてる。

イントラは体力が命!お客さんを安全に楽しく遊んでも

らって料金を頂く。

安全が確保できなけば、お客さんの笑顔は無い!

言わば、料金とは笑顔のサービス料なのだ!

問題はお客さんの安全をどう確保するかだ!

僕が現場から離れる以上、お客さんに迷惑が掛かって

も困る。

7月、8月ショップを予約されているお客さんには、中小

路と非常勤スタッフが対応いたします。

9月以降は業務を縮小しながらの運営となります。

皆様のご理解と御協力の程よろしくお願い致します。


               マリンスペース

               代表  玉栄 将幸


















"お知らせ!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント