放置網回収

画像


勝連漁協と与那城町漁協は第8号協同漁業権が設定

され、金武湾沖に向かって右半分、伊計島の沖にある

メングイ礁から津堅島を囲んでホワイトビーチ迄両漁協

が共同で漁業する権利を有する。

広大な面積を誇る礁湖(イノー)は全国で消費されるモ

ズクの5割を生産し、マグロ、セーイカ、マクブにアカジ

ン、イラブチャー等日曜日を除く毎日!!

新鮮な魚介類を家庭の食卓へお届けしている、

画像


15年前200人近くいた漁業者がここ最近高齢化で

年々引退する人も多く、現時点で133名!

今後、若い人を中心に漁業者を育てる事も急務の一つ

で如何にして漁業で生計を立てられるか?

頭を悩ませているところでもある。

画像


第8号漁業権内には更に特別区割りとしてモズク養

殖、定置網等の特区が許可され希望者にはそこで

モズク養殖を栽培漁業することが出来る。

モズク養殖は漁業者にとって有望で今年県全体の

水揚げも目標の2万トンを達成した。

しかし、漁業は天候に左右されやすい!

モズクの需要は多くても提供する側の安定生産が

望まれる事から与那城町漁協も若い人達を中心に

特区内の放置網回収を実施した。

画像


放置網を回収することでモズク養殖の場所も増え

海の環境保全にも少しは貢献したことに繋がる。

画像


画像


画像


今後は海人にもモラルの大切さを指導しながら

年収UPに繋がる努力をしていきたい!







"放置網回収" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント