テーマ:天然サンゴの移植

漁礁の移植サンゴ!

台風9号が石垣、宮古島を直撃し10号も後を追いかける様に ゆっくり太平洋上を北上中! 何とか昨日まではお客さんも案内は出来たもの、今日はうねり 風も強くなり出港しては途中から引き返し中止となりました。 中々ブログ記事も書けないのでサンゴ移植状況でも書いてみる。           2010年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の気配!

ハイサイ!グスーヨー チャーガンジュー シミソー ガヤー!  ウィークエンドダイバーの玉栄です。 ミーニシと思われる北風も強く吹き始め、浮原島周 辺の水温も25,7度! 今年は例年になく秋の気配 を感じる今日この頃! 加藤さんも一か月ぶりに遊びに来てくれて津堅漁 礁20、コーラル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金武湾へ

沖縄地方一昨日(6/23慰霊の日)梅雨明け宣言しま したねー。 梅雨期間中は少雨傾向でダムの水位が42%を切る 等制限給水や断水も心配されたが、観光客が増える 夏本番を前に先日の台風5号、6号の沖縄接近(通過) は恵みの雨をもたらしてくれた。 現在のダムの水位が72,1% ・・・ だから …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天然サンゴの移植

天然サンゴの移植活動を始めてから約10年が過ぎ、漁礁を始めサンドウェイ ヨコヒシ等でかなりの成果を上げている。 乗り合いのお客さんがいた時はなるべくサンゴの移植活動を心がけてるよう にしていて月2~4回程度の割合で一回10~20株程移植している訳だから 約10年で2000株ぐらいは移植したことになる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天然サンゴの移植

浜比嘉島と津堅島との中間に位置する浜津 ここのサンゴはミドリイシの仲 間が数も種類も豊富で元気に育っている。 成長するにつれ、台風とか潮の流れが原因でサンゴが折れたりする事は良 くあることで、そのまま折れた状態で死滅したり、運が良ければ岩に着床して 成長していくのは判っていた。 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿吽の呼吸

今の時期、天気予報は中国大陸からの高気圧の影響で、雲の流れも西 から東へ移動するのが一般的で太平洋高気圧が日本列島に張り出して 来るにはもうちょっと先かな?と思っていたところ ・・・ 気が付けば、フィ リピンの東海上に台風3号が発生してて中国大陸からの高気圧に押され つつもそのまま西(フィリピン)へ進んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完成まで後200年!

ここ最近、天然サンゴの移植に夢中になっている。ファンダイビングがてらサ ンゴの発達が著しい浜津やアウトリーフの周辺海域から折れたサンゴや台風 で折れたサンゴの欠片を拾い集め、サンドウェイの周辺にそのまま岩を削り 釘を打ち付けてインシュロックで固定するだけのシンプルな方法である。 10年前か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天然サンゴの移植

浮原島周辺には個人的に様々な仕掛けを施していて、僕が年をとって海 に潜れなくても、若い世代の人たちが継承できるような環境つくりを黙々と 少しづつではあるが実施している。 その中の一つ 天然サンゴの移植は平成8年頃?からやり始めてブログ で何度か紹介しているのでサンゴの成長振りは一目瞭然である。 でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天然移植サンゴ

昨年10月から、天然ちゅら海水族館を目指し少しずつ サンゴの移植活動も展開しているサンドウェイ!! 自然のままで育ったサンゴは、自然のままに移植した ほうが良いわけで魚礁で実績を体験した私は、10年後 スズメダイ、ベラ、ブダイ、ハタ等熱帯魚が群れるサンゴ の森を想像したりしてる   2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more